しつけは幼いうちが大事



犬のしつけって凄く大事ですよね。大きくなると中々しつけをするのは難しいって知り合いのペット友達は言っていました。

そうそう、実はしつけにも順番があるんですよね。
しつけの順番について

幼い頃からトイレなどのしつけをしてあげないとそこらへんで粗相をしてしまうし、待ての出来ない子になっちゃうと言われていました。
人間の子供と一緒で幼いうちから駄目なものは駄目と教えてあげないと、その子自身の為にもならないですよね。

スーパーなどで寝転がって暴れていたり、狭い所を暴れまわっている子供を見ると、ついつい思っちゃいます。「親は何しているのかしら」って。

それは犬も一緒でしつけがなってない犬は親のいう事をちゃんと聞かないので「待て」って言っても何処かに行ってしまうんですよね。
そういう事が分かっているからこそ、幼いうちからの犬のしつけは大事なんだと思いました。

私の為にも、その子の為にも良いや良いやと思わずに早め早めに動いてあげた方が良いですよね。
って、こんなこと言ってますが、うちの子は既に遅しです(笑)